• カッパドキアの全ての文化遺産を<br> <span> ガミラスホテルで楽しんでいただけます。</span>
    カッパドキアの全ての文化遺産を
    ガミラスホテルで楽しんでいただけます。
  • カッパドキアの全ての文化遺産を<br> <span> ガミラスホテルで楽しんでいただけます。</span>
    カッパドキアの全ての文化遺産を
    ガミラスホテルで楽しんでいただけます。
  • カッパドキアの全ての文化遺産を<br> <span> ガミラスホテルで楽しんでいただけます。</span>
    カッパドキアの全ての文化遺産を
    ガミラスホテルで楽しんでいただけます。
  • カッパドキアの全ての文化遺産を<br> <span> ガミラスホテルで楽しんでいただけます。</span>
    カッパドキアの全ての文化遺産を
    ガミラスホテルで楽しんでいただけます。

ホテルの歴史

ホテルの歴史

ホテルの歴史

アイワル キョイ(元アラワン キョイ)周辺の遺跡

アイワル村は昔、アラワン村と呼ばれ、ウルギュップ市から南へ10㎞の距離にあります。 ウルギュップを出た後、ムスタファパシャへ行く道を通り、初めの橋を渡ったら、マズキョイ ローマ遺跡とアイワル キョイを示す黄色の標識に従ってください。この道は非常に興味深い地形で一見の価値があります。.
 

有史前の遺跡

考古学者ケマル ターリィ トゥルクメン(1949-1995)によると、この街道が有史前から使われていた痕跡が見つかっているようです。(著書 ウルギュップ、カッパドキアの未知の分岐点、アンカラ、1999年発表) 有名な考古学者はこの橋から北へ200mのところに石器時代からの黒曜石の石切り場とアッシリア文明時代からの陶器片などを発見しました。 また同じ場所でヒッタイト時代のブロンズの鋳造用甑(小型の炉)が発見されています。この小さ傾斜は何千年もの間、様々な使われ方をしてきました。ERKEN


初期ビザンスキリスト教遺跡

アイワル村からウルギュップへ行く道の2番目の橋はハジイスマイル デレシ橋です。この橋から南へ100mに初期キリスト教時代の洞窟教会で壁のフレスコ画をご覧になれます。

この教会は一般に知られてなく、普通のツアーの観光ルートに入っていないので、昔からそのままの形で残っています。当ホテルの敷地内の12世紀のビザンス時代のアイワル教会のフレスコ画も見事です。


イチェルデレ谷と地下都市

この地方の洞窟の住居、公開されていない地下都市、ジャガイモやリンゴの倉庫として利用されている自然の洞窟などいろいろ探索することができます。洞窟の家に現在も住んでいる村人もいますが、ガミラスのゲストはどの家族にも大歓迎されます。谷間のあちこちに美味しい水が沸き出ています。

当ホテルのゲートから7㎞の散策ができるイチェリデレ渓谷はカッパドキアの最も美しい谷の一つです。谷を出ると道はカッパドキアで一番高い丘、ゴルゴリの丘に向かいます。ゴルゴリの丘の東にはダムラ貯水池があり、カッパドキアには珍しい景色が楽しめます。西側にはカッパドキア全体の素晴らしい景色を見渡すことができます。