• カッパドキアの全ての文化遺産を<br> <span> ガミラスホテルで楽しんでいただけます。</span>
    カッパドキアの全ての文化遺産を
    ガミラスホテルで楽しんでいただけます。
  • カッパドキアの全ての文化遺産を<br> <span> ガミラスホテルで楽しんでいただけます。</span>
    カッパドキアの全ての文化遺産を
    ガミラスホテルで楽しんでいただけます。
  • カッパドキアの全ての文化遺産を<br> <span> ガミラスホテルで楽しんでいただけます。</span>
    カッパドキアの全ての文化遺産を
    ガミラスホテルで楽しんでいただけます。
  • カッパドキアの全ての文化遺産を<br> <span> ガミラスホテルで楽しんでいただけます。</span>
    カッパドキアの全ての文化遺産を
    ガミラスホテルで楽しんでいただけます。

カッパドキア

カッパドキア

カッパドキア

カッパドキアは自然と歴史の世界が見事に統合した地方です。自然では溶岩の浸食からできたペリバジャ(妖精の煙突)などの奇岩、歴史ではこれらの洞窟の中に住居や教会を掘り、フレスコ画で飾り、何千年も昔からの文明が受け継がれています。

ローマ皇帝アウグストゥスの時代に古代の学者であるストラボンは17冊から成る著書「地理学」の「アナトリア12,13,14部」の中にカッパドキアは南はトロイ山脈、西はアクサライ、東はマラティア、北は東部黒海沿岸までの広大な地域であると記しています。

現在のカッパドキア地方の境界はネヴシェヒル、アクサライ、ニイデ、カイセリ,クルシェヒル県に囲まれた部分です。さらに狭い区分の岩のカッパドキアはウチヒサル、ウルギュップ、アヴァノス、ギョレメ、デリンクユ、カイマクル、ウフララ 及びその周辺をさしています。

ガミラス ホテルはカッパドキアの心臓部であるウルギュップのアイワルキョイ村にあります。