• カッパドキアの全ての文化遺産を<br> <span> ガミラスホテルで楽しんでいただけます。</span>
    カッパドキアの全ての文化遺産を
    ガミラスホテルで楽しんでいただけます。
  • カッパドキアの全ての文化遺産を<br> <span> ガミラスホテルで楽しんでいただけます。</span>
    カッパドキアの全ての文化遺産を
    ガミラスホテルで楽しんでいただけます。
  • カッパドキアの全ての文化遺産を<br> <span> ガミラスホテルで楽しんでいただけます。</span>
    カッパドキアの全ての文化遺産を
    ガミラスホテルで楽しんでいただけます。
  • カッパドキアの全ての文化遺産を<br> <span> ガミラスホテルで楽しんでいただけます。</span>
    カッパドキアの全ての文化遺産を
    ガミラスホテルで楽しんでいただけます。

アイワル村

アイワル村

アイワル村

カッパドキアはアンカラから300㎞ほど南に位置しており、現代のネヴシェヒール、カイセリ、ニイデ、アクサライ市などに囲まれた地域の歴史的な名前です。この地方は100k㎡の面積で真ん中にウルギュップやギョレメがあります。

それぞれの遺跡が広大な地位に広がって離れているので、どのホテルに宿泊しても、車を使うか ホテルからツアーに参加することになります。

アイワルキョイ村はウルギュップから南東へ10㎞の距離にあり、北はムスタファパシャ(シナソス)、南は先ず、東はジェミルキョイ村、西はバーチェリキョイ村に接しています。人口は約1200人。

アイワルキョイの歴史的な遺跡

  • アイワルキョイ教会:12世紀のビザンティン時代のフレスコ画が残っている洞窟教会。
  • ハジ イスマイル デレシ初期キリスト洞窟教会
  • ゴルゴリの丘の遺跡とギリシャ正教会
  • グレの地下集落
  • イチェリデレとウルデレの岩場の鳩の家と散歩道
  • ゴメダ谷の野外博物館
  • ローマ時代の墓地とマズキョイの地下都市
  • ムスタファパシャの昔のギリシャ人の住居
  • ギョレメ野外博物館、カイマクルとデリンクユの地下都市、ウフララ渓谷

観光

アイワルキョイ村は観光省からモデル村として選ばれました。

村には観光目的の宿泊に最適なガミラス ホテルとレストランがあります。アラワン民家レストランでも郷土料理が召し上がれます。

気球ツアー、乗馬ツアー、ジープ サファリ、その他この地域ツアーなどが可能です。

火山溶岩を掘って作られた洞窟の家に住む村人も観光に対する意識を持ち、もてなし上手です。

 

伝統と食事

村で最も有名な食事のなかでタンドールで豆の煮込み、葡萄の葉の詰め物、キャセロール料理が数えられます。濃縮ぶどうジュース、キョフトゥール、ペルベル、バタープディングなどのスイーツも現在も作られており、楽しんでいただけます。村の伝統的な結婚式の形も残されており、実に5日間続きます。 就学していない場合、女性は平均17歳、男性は19歳で結婚します。

 教育

トルコが共和国になった直後、村にも小学校ができ、その後、進学して、弁護士、教師、医者やその他、国の各役所で任務した人物を育成してきました。近年、義務教育が8年に改正されました。学生たちは高校はウルギュップへ、大学はカイセリ、ニイデ、コンヤ あるいは、アンカラなど比較的近い都市の大学で学んでいます。

経済

村の気候は典型的な中央アナトリア気候です。夏は暑く乾燥し、冬は寒く雪が降ります。村では杏、葡萄、リンゴ、梨などの果物やジャガイモも重要な農産物で、村の生計はこのような農耕で成り立っています。海抜1200㎡の高地にあります。

村から北のギュネイジェ キョイ村はさらに高いところにあるので、杏子やブドウのような果物は育ちません。 この村の近辺からカッパドキアの砂漠化が始まりました。

アクセス

ドルムシュ(乗合ミニバス):ウルギュップからアイワルキョイ村に定期的にドルムシュが運行されています。

 

ウルギュップ- アイワルキョイ村 アイワルキョイ村 - ウルギュップ
出発: 08:30am
到着: 08:50am
出発: 08:00am
到着: 08:20am
出発: 14:00pm
到着: 14:20pm
出発: 09:30pm
到着: 09:50pm
出発: 17:00pm
到着: 17:20pm
出発: 15:00pm
到着: 15:20pm

タクシー: 日中も夜間もウルギュップまたはガミラス ホテルから呼べます。